メーカーサポートを欲する選手達

元メーカーの代表をしていた時、

よくサポート依頼を受けてました。


今もメーカーの繋がりが多いのでサポートの相談はよく受けます。


基本的に皆さん依頼内容は同じで

「競技の結果を出したいのでサポートしてください」と。


確かに結果を出すには競技に集中する必要があり、

その環境を整えることが出来るかが大きく結果を左右する。


特に、多くの大会に出るには遠征費や宿泊費などで

金銭的に余裕がないので少しでもサポートメーカーがつくとありがたいでしょう。


メーカー側は選手のサポートをする際は

本当にこれでもかというくらい考えます。


では、サポートを依頼してくる選手たちは

どうしたらサポートしてもらえるかを真剣に考えているのでしょうか。


超大手のメーカーさんはサポート選手=広告塔なので

いかに結果を出してメディアに露出するかを大事にしています。


しかし、ベンチャー企業や発展途上の企業は

「共に成長できる」選手を探しているケースが多いです。


今はまだ未熟でもいろんな面で「楽しみ」な選手には

意外とスパッとサポートを決断します。


そこの判断基準になるのが「発信力」です。


自身の練習内容や、大会予定、大会結果。

競技に対する考え方。

時にはその人自身の人間性。


今の時代はSNSやブログ等発信するツールは

十分すぎるくらいにそろってます。


毎日こまめにSNSやブログ等を更新していると

その内容には人間性がにじみ出てくる。

その人間性に惹かれ、考えに共感し、ファンになる人が増えていく。


発信することの意味を真剣に考えられると

その内容は洗練されてくる。

そんな洗練された内容を発信する選手を知ったメーカーは

こんな選手をサポートしたい、と思います。


ベンチャー企業やまだまだ発展途上のメーカーは

大きな広告費を割けない為、真面目に発信してくれるユーザーを探しています。


選手を「商品」としてみるのではなく

本当の意味で「サポート」をしたいと思ってます。


また、その選手の考え方や練習方法を深く知りたいファンが増えると

練習会の依頼などが来るようになりそれが収入に繋がります。


そういった選手を見るとメーカー側は

取引先のお店や企業などで、サポート選手を売り込んで

練習会や講習会を企画するようになります。


そうすると選手は自身の競技の仕事が舞い込むようになり

プロとして活躍できるようになります。


「プロ」としてその競技で生きていくならば

どうすれば仕事が作れるか、を真剣に考え行動する必要があります。


僕は元メーカー、メーカー仲間とのリアルな情報をもとに

プロを目指す選手を応援したいで事業の一つに

「アスリートSNSサポート」を取り組んでます。


この内容は、また次回。

セールスレップ@くびふじ

セールスレップ(営業、販売代行)の活動を紹介。

0コメント

  • 1000 / 1000